先輩オーガナイザーの声 Vol.01


オーガナイザー活動を通して、その人自身が満たされ生きる喜びを実感してもらえるようなプロジェクトのありかたを目指しています!

実際にオーガナイザーとなった先輩のインタビューをお届け!

第一回目は、ハワイアンリトミックOhanaを主宰する 柏倉裕美子 さん

===

Q.オーガナイザーになろうと思ったきっかけを教えてください

ERICCO BOOK を初めて知り、体験した時の あの感動、ワクワク感、充実感 を … ただただ『誰かに伝えたい!!』って強く思ったのが、最初のきっかけです。

さらに、プロジェクトの生い立ちを知り、今後の夢のあるワクワクする展開を聞いて、おんなじママとして とても誇らしく、ぜひともこのプロジェクトの力になりたい!と思いました。

Q.実際にオーガナイザーとなってワークショップを開催してみて、いかがですか?

なによりも、参加してくださった 皆さんのキラキラ輝く笑顔が見れた時が一番嬉しいです。

自分が感じた喜びや、感動を同じように感じてくれた時、改めてこのPROJECTの素晴らしさを感じます。みんなが喜びをシェアできる。

認め合える…そんな時間が、お仕事となるなんて、こんな幸せな事はありません!!

Q.オーガナイザーの制度はどうですか?

私には2人の娘がいます。また、自分でも親子のリトミック教室をしているのですが、それに加え、このPROJECTも 自分のできる時間で活動できる というのが、とても大きなポイントです。

子育てと仕事の両立、しかも、ワクワクの時間を共有できる!そんな働き方ができるなんて本当に素晴らしいと思います。

子育て中のママだからこそ、こんな働き方も出来るんだ!と自信を持って やっていきたいです。

Q.4.今後の抱負を聞かせてください♪

今後、よりたくさんの人にERICCO BOOK を知ってもらうこと、また、体験を通して、参加した人が、誰かに話したくなるような そんなオーガナイザー活動をしていきたいと思います。さらに、地域と世代を超えて 人と人とを繋ぐ そんな関わり方もしていきたいなと思っています。

人を集めてみんなでアートを楽しみ コミュニケーションを生み出すことが あなたの仕事になる、

という新しい働き方。

いかがですか?

オーガナイザーに興味がある方はこちらをご覧ください