先輩オーガナイザーの声 Vol.05

オーガナイザー活動を通して、その人自身が活かされ生きる喜びを実感してもらえるようなプロジェクトのありかたを目指しています!

実際にオーガナイザーとなった先輩のインタビューをお届け!

第5回目は、宇都宮市在住の宮内 綾子 さんです♪

Q.オーガナイザーになろうと思ったきっかけを教えてください

息子も幼稚園生活に慣れてきたし、私も何か始めたいと思ったときに、息子が長期休暇の時も一緒に仕事ができるし、何よりも【たからもの】の素晴らしさをたくさんの人に伝えたかったので。 そして、私が絵本作りを始めた時にワークショップをやっていた、えりちゃんやえりこちゃんと同じように、あの充実して満たされた時間をみなさんに提供できるような人になれたら嬉しいなと思ったので。

Q.実際にオーガナイザーとなってワークショップを開催してみて、いかがですか?

最初は、人が集まるかぶっちゃけかなり不安でした。が、お友達に何人か『あやちゃんがワークショップやるなら私も絵本作ってみたい!』と言ってくれていた友達がいたので安心して開催できました。

開催場所も大人数対応できるように、工務店さんのお部屋もお貸出いただけるようにしてありますが、少人数の時は自宅で開催してます。 荷物を運んだりする手間もなく大変楽で、ワークショップを自宅開催することにより定期的に部屋を片付けるようになり一石二鳥です(笑)

趣味でやっている《あやプー食堂》も、絵本作りワークショップの後のランチをやってますが、毎回みなさん楽しみにしていただいて、毎回とても喜んでいただけるのでとっても嬉しいです

Q.オーガナイザーの制度はどうですか?

めっちゃ楽しいです✨ がっぽり儲かるとか、そういうことは全くないですが(笑)お金では満たされない何かがかなり満たされます( *´艸`) 社会人になってから、職場関係やママ友関係等、さまざまなお友達ができると思いますが、エリッコブックのオーガナイザー仲間は、そのどれとも違う、仲間だと思います。 イベント出店は、毎回ドキドキしますが準備等もまるで学園祭準備を思い出すような感じで毎回ワクワクが止まりません。人生2度目の青春真っ只中です(*´罒`*)きっと、オキシトシンで満たされて、オーガナイザーになる前より何歳か若返っているような気がします。

Q.4.今後の抱負を聞かせてください

いつか、身軽になったら他県でもワークショップをやってみたいです。 ラフォーレ原宿で開催されるイベント等にもみんなで出店したりできたら楽しいだろうなと思います。 私のもとで、絵本を完成させて下さった方が現在2名(2冊)ですが、将来的に100冊目指したいです。

「そのままのあなたで素晴らしいよ」と、

伝えていくことがあなたの仕事になる、

という新しい働き方。

いかがですか?

オーガナイザーに興味がある方はこちらをご覧ください

https://www.ericcobook.com/organizerinfo

Featured Posts
Recent Posts
Archive
カテゴリー
Follow Us